2012年11月26日

自律神経失調症を改善する方法って?




自律神経失調症の症状を改善する方法は、表面に現れている症状やその人のタイプ等によって変わってきます。

心に働きかけを行ったり、身体に働きかけを行ったり、またその両方を行ったりする必要もあるでしょう。

自律神経失調症(人によっては、過呼吸や人間不信、生理不順といった症状が起こることもあるようです)の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善するために実際におこなわれている方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)としては、


・ 薬物療法
・ カウンセリングなどの一般心理療法
・ 自律訓練法などでのセルフコントロール
・ 指圧やマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)、ストレッチなどの整体(接骨や整骨といわれる柔道整復とは全く畭なります)療法
・ 音楽療法(ミュージックセラピーともいいます)やアロマテラピー

など五感に働きかける方法等が挙げられます。

一般的には、薬物療法や心理療法が多く行われているようですが、その時の状況やその人の希望もあるので、どの方法で症状がより解消するかハッキリとは断言できません。

ただ、自律神経失調症は精神的なストレスが主な原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)と言われていますが、実は体の歪み、特に骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)や背骨、頭蓋骨や内臓の歪みも自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)のバランスを乱す大きな原因になっています。

それに、体に不調があると、心に不安や緊張が生まれ、それが(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)となっている場合もあります。

薬物療法や心理療法(高度な専門知識、経験を持つ専門家でも、確実に症状を改善できるとは限りません)ももちろん大切ですが、まずは体の歪みを取り除き、身体的にリラックスした状態に戻してあげることも、自律神経失調症の症状を改善する大切なポイントとも言えるでしょう。

この他にも、その人の体質や性格、ライフスタイル等も大きく関与してきますので、毎日の生活環境を整える事も症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を解消する方法です。





自律神経失調症の改善について!

posted by 自律神経失調症 at 17:05| 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

自律神経を整える方法はどんな方法がある?

忙しい現代社会では、自律神経の乱れを引き起してしまうような原因があちらこちらに転がっていることでしょうね。

例えば、仕事で受けるストレス、不規則な食習慣や睡眠時間、ほかにも、人間関係などが原因で、自律神経を乱してしまう方もたくさんいるものです。

そんな現代社会の中で、心身の健康を保つためには、自分自身で自律神経を整える必要があるかもしれません。

いくつか簡単に、日常的におこなうことの出来るような方法をご紹介したいと思います。

日頃からストレスや疲れを感じやすい方は、自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)の乱れを防ぐためにも、ぜひ試してみてください。

まず、自律神経を正常に保つためには、リラックスすることがとても重要です。

お部屋で好きな香りのお香を焚いてみたり、アロマオイルを香らせて、音楽を聴くなどしてリラックスできる空間を作りましょう。

そして、常に体が温かい状態でいられるように、体を温めることを意識してみましょう。

自律神経が乱れると、血行障害を起こすことがあり、体を冷やしてしまったりすることになります。

特に女性にとって冷えはとても恐ろしく、生理や排卵などホルモンにも影響を与えてしまうので注意が必要です。

就寝前はシャワーのみを浴びるのではなく、湯船につかってしっかりと体の芯まで温めてあげることが大事です。

他にも、食生活を改善することによって、自律神経を正常に保つ方法もあります。

自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)が乱れると、カロリーの代謝が悪くなると言われていますが、この代謝を上げるために、青唐辛子を料理に使ってみると良いでしょう。

青トウガラシには、カプシエイドという成分が含まれていて、これが体温を上げてしまうのに役立つ為す。




posted by 自律神経失調症 at 17:05| 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

自律神経を整えるには複式呼吸が効く?

自律神経は、自律神経とはいうものの、自分自身ではコントロール(スポーツなどではひたすら練習することで身につくはずです)することができない神経です。

基本的に神経ですから、自分自身ではあまりコントロールすることが出来ないのです。

しかし、1つだけ、ほんの少し自律神経(自分の意思とは関係なく働いている神経のことをいいます)をコントロール出来る方法があります。

その方法というのが、「腹式呼吸」です。

皆さんも一度くらいは腹式呼吸を行ったことがあると思いますが、実は腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)が自律神経のバランスを整えることが出来る方法だと言われているのです。

腹式呼吸(なるべく胸郭を広げず、お腹を意識して呼吸します)はお腹をふくらませながら息を吸い込み、お腹をへこませながら息を吐くと言った呼吸方法です。

お腹の動きを意識しながら、数分間この呼吸法を繰り返していると、精神的にリラックスしているのを感じることが出来るでしょう。

腹式呼吸を行うと、交感神経と副交感神経が働き、自律神経のバランスを整えてくれるのです。

腹式呼吸をしているときは、息を吐く時に意識(高く持たないと成長できないといわれています)をちょっと多く集中させてみてください。

息を吐く時は副交感神経が優位に働くため、リラックス効果を得ることが出来ます。

それに、呼吸時に肺を大きく膨らませることで、酸素をより多く体内に取り込むことが出来るので、血液の循環が滞りなく行われるようになります。

精神的なリラックス(心からリラックスしていると、人にはみられたくないようなだらしない格好をしていることも珍しくないですよね)効果を得る事が出来るだけでなく、心拍数なども安定しますし、お腹のマッサージ(フランスで生まれたといわれていますが、バリやハワイのものも人気ですし、韓国やタイのものもあります)効果もあるため、内臓を温めることも出来るのです。

具体的なやり方としては、リラックスした状態で座り、時間をかけてお腹を引っ込ませながら息を吐きましょう。

息を吐ききったところで、お腹を膨らませるように鼻から息をゆっくり吸い込みます。

その状態のまま、5秒間くらい息を止めたら、また最初から呼吸を始めましょう。

この呼吸を十回繰り返すだけで、十分に効果を得ることが出来るはずです。




posted by 自律神経失調症 at 17:05| 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。