2012年11月26日

自律神経失調症を改善する方法って?




自律神経失調症の症状を改善する方法は、表面に現れている症状やその人のタイプ等によって変わってきます。

心に働きかけを行ったり、身体に働きかけを行ったり、またその両方を行ったりする必要もあるでしょう。

自律神経失調症(人によっては、過呼吸や人間不信、生理不順といった症状が起こることもあるようです)の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)を改善するために実際におこなわれている方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)としては、


・ 薬物療法
・ カウンセリングなどの一般心理療法
・ 自律訓練法などでのセルフコントロール
・ 指圧やマッサージ(筋肉のコリがほぐれたり、ぐっすり眠れたりしますね)、ストレッチなどの整体(接骨や整骨といわれる柔道整復とは全く畭なります)療法
・ 音楽療法(ミュージックセラピーともいいます)やアロマテラピー

など五感に働きかける方法等が挙げられます。

一般的には、薬物療法や心理療法が多く行われているようですが、その時の状況やその人の希望もあるので、どの方法で症状がより解消するかハッキリとは断言できません。

ただ、自律神経失調症は精神的なストレスが主な原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理といえるでしょう)と言われていますが、実は体の歪み、特に骨盤(寛骨、仙骨、尾骨で構成されており、思春期を迎える頃にそれぞれの骨が癒合して一体化するそうです)や背骨、頭蓋骨や内臓の歪みも自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症と呼ねれる状態になります)のバランスを乱す大きな原因になっています。

それに、体に不調があると、心に不安や緊張が生まれ、それが(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)となっている場合もあります。

薬物療法や心理療法(高度な専門知識、経験を持つ専門家でも、確実に症状を改善できるとは限りません)ももちろん大切ですが、まずは体の歪みを取り除き、身体的にリラックスした状態に戻してあげることも、自律神経失調症の症状を改善する大切なポイントとも言えるでしょう。

この他にも、その人の体質や性格、ライフスタイル等も大きく関与してきますので、毎日の生活環境を整える事も症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を解消する方法です。





自律神経失調症の改善について!

posted by 自律神経失調症 at 17:05| 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。