2012年11月23日

自律神経を整える食べ物やサプリって?

交感神経と副交感神経の2つからなる自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)とはいえ、この2つがバランスを崩してしまうと、自律神経失調症と言う病気にかかってしまうことをご存知でしょうか?

この2つの神経がバランスを崩してしまったりする原因として、栄養不足が原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)のひとつだともいわれているのです。

自律神経を正常に保つために、どの程度の食事を摂る必要があるのか、ご紹介していきたいと思います。

まず、体が冷えやすい方は要注意です。

自律神経は、冷えが要因でも乱れてしまいます。

冷え性などでお悩みの方は、体を温めてくれるような食事を意識的に摂取することがお勧めです。

代表的な食材で言えば、生姜のだとか。

生姜をすりおろして、紅茶やお味噌汁などに入れて一緒に飲むのもいいでしょう。

普段からストレスを感じやすいという方には、ビタミンAの摂取をおすすめです。

ビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)Aを豊富に含んでいる食材としては、ニンジンやレバーなどがあるでしょう。

ビタミンA以外にも重要なのが、ビタミンB1です。

ビタミンB1は、体内で不足してしまうとイライラしてしまったり、精神的に不安定になってしまうので、自律神経を乱してしまうことになるのです。

それを避けるためにも、ビタミンB1の摂取は必要不可欠です。

ビタミンB1が豊富に含まれている食材は、納豆や豚肉の他に、玄米などにも多く含まれています。

あと、意外と知られていないのが、亜鉛です。

亜鉛も不足すると、精神的に不安定な状態やイライラ状態を作り出してしまうのです。

亜鉛を豊富に含有している食材としては、レバーや貝類の他に、大豆などの豆類が代表的です。

食材で十分に摂れない場合には、ビタミンA、ビタミンB1、亜鉛などが配合されたサプリメントを利用するのもいいですね。



posted by 自律神経失調症 at 17:05| 自律神経失調症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。